形成外科とは

形成外科とは、体の表面組織に生じた異常や変形、欠損に対して、いろいろな手法や技術を用い、機能はもとより形態的にもより正常に、より美しく「形成」する外科です。
患者様お一人お一人の悩みに真摯に向き合い、その方に合ったオーダーメイドの治療を心がけます。

形成外科で診療する主な疾患

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは、目を開ける筋肉(眼瞼挙筋といいます)の機能が弱く、それに伴って上まぶたが垂れ下がっているために、目が開けづらくなる状態です。
中には生まれつきまぶたを開く力が弱い方がおり、この場合を先天性眼瞼下垂と言います。生まれた時は正常でも、加齢によるまぶたの皮膚のたるみほか、様々な原因で眼瞼下垂になることがあり、この場合を後天性(加齢性)眼瞼下垂と言います。ものが見にくく、まぶたが下がっているために肩こりや頭痛が強い方では、保険を使った手術治療が受けられます。
手術では、まぶたを挙上する処置を行います(症状や下垂の程度により手術法は変わってきます)。
眼瞼下垂の手術を受けると目が開きやすくなり、物が見やすくなって、疲れにくくなります。眼瞼下垂ですと、まぶたが下がっているため、どうしてもおでこに力を入れ、眉を上げて物を見るようになります。そのため眼瞼下垂がある方は肩こりになりやすいのですが、この手術で肩こりが治る患者様も多くいらっしゃいます。また、形成外科では形態にも留意し手術を行っています。

当院では、炭酸ガスレーザーを用いて可能な限り出血を少なく、術後の腫れを最小限にした手術を行っております。当院院長は、日本で初めて炭酸ガスレーザーを用いて眼瞼下垂手術を行った医師に指導を受け、同じ術式で手術を行っています。現在も眼科での出張手術を継続し、眼瞼下垂の啓蒙に努めています。眼瞼下垂手術診療に力を入れており、症例数も豊富です。
脳への情報の90%は目からの情報といわれています。眼科で白内障の手術を受け、目が見えるはずですが、まぶたが垂れ下がっているために適切な視覚情報が得られないと、脳への刺激が減少し、認知症が進行することもあります。それほどに目からの情報は大切です。
今後ますます高齢化社会となりますが、元気で生きられる健康寿命を延ばすための重要な手術と考えております。
長期的なコンタクトレンズの使用、目を良くこすってしまう、緑内障の点眼治療を受けている、肩こり・頭痛があるなど、思い当たる症状があるかたは是非当院院長までご相談ください。

ほくろ

ほくろは、正式には色素性母斑と言い、皮膚の一部にメラノサイトという色素細胞が集まったものです。
ほくろは皮膚悪性腫瘍、特に悪性黒色腫との鑑別が大切です。悪性黒色腫はリンパ節に転移しやすく、進行が速く命に関わることがあります。
短期間で急に大きくなったり、色が濃くなったり、色素がまわりの皮膚に染み出してきたり、硬化してきたような場合は、注意が必要です。当院では、ダーモスコピーと呼ばれる医療用の拡大鏡を用いて、診断や鑑別を行っています。
ほくろの切除法には、以下のようなものがあり、ほくろの生じている場所や形状、大きさなどを考え合わせた上で選択します。部位によっては自費診療となりますが炭酸ガスレーザーの治療が適している場合もあります。
当院院長は切除症例数も豊富で、時に他院皮膚科でメスによる手術でないと切除できないと言われた症例であっても、炭酸ガスレーザーを用いてより美しく治癒出来た症例も少なくありません。他院で断られてしまった方も是非一度診察にいらしてください。

粉瘤

粉瘤(ふんりゅう)はアテロームとも言い、皮膚の皮が毛穴の奥で袋を作ってしまい、中に老廃物や皮脂が溜まった半球状の良性腫瘍で、中央部には黒点状の開口部があります。強く圧迫すると、開口部から臭くてドロドロした内容物が排泄されるケースがあります。
顔や耳のまわり、耳たぶ、鼠径部(そけいぶ)、背中などによくできますが、毛穴がある場所なら、どこに生じてもおかしくありません。ですので、頭のてっぺんから足の裏にも出現することがあります。
いつの間にかできて、自然に小さくなることもありますが、少しずつ大きくなって目立ってくるケースもあります。また、ある時突然赤くなって腫れや痛みが出て、粉瘤のまわりに急に化膿や炎症を起こすケースもあります。炎症を起こして、はじめて粉瘤に気づいたりもします。
粉瘤が化膿を伴っている場合は、まず化膿の治療を行います。抗生剤の内服を行い、膿が溜まっている時は、局所麻酔をして切開の上、膿を出します。
内服薬で症状が治まってくれば、そのまま小さくなるまで様子を見ます。切開排膿後は、中から膿が出なくなるまで、創部の洗浄を続けます。
化膿していない時、または化膿が治まったら、局所麻酔下で粉瘤を袋ごと取り出す手術を行います。手術後は、翌日に傷の具合を確認し、手術した部位に合わせて1~2週間後に抜糸します
手術では、粉瘤のヘソと呼ばれる部位を含むように、皮膚の一部と合わせて袋ごとできものを取り出します。傷口を小さくするへそ抜き法も可能です。従来の方法と比べてのメリット、デメリットなどを踏まえお話させていただきます。ご希望の場合はお申し付けください。
当院では来院当日の手術にも対応しております。混雑状況次第でお受けできない場合もありますが、当日の手術を希望される場合はおっしゃってください。形成外科専門医が責任を持って手術にあたります。

脂肪腫

脂肪腫とはその名の通り、脂肪の一部が腫瘍のように増殖したものを言います。皮膚の下に軟らかい固まりとして触れることができます。大きさは、いろいろです。
この脂肪腫は5cm前後のことが多いのですが、中には10~20cmのものも見られます。ここまで大きい脂肪腫の場合は、その一部が悪性化している可能性があり、要注意です。MRIなどの画像診断で、脂肪腫の状態を調べておくことが必要になります。
多くは良性ですが、急に大きくなってきた、痛みがあるなどの場合は注意が必要です。早めに皮膚科や形成外科を受診しましょう。
治療は腫瘍を取り除く手術が必要です。小さい場合は局所麻酔下での手術が可能で、当院でも日帰りで手術可能です。

ケガ(外傷)・縫合

日常生活を送る上で、誰しもがなる可能性のある最も多い疾患であると思います。
ケガをすると、特に指先や頭は血流が豊富な部位ですので、たくさんの血が出てびっくりすると思いますが、まずは患部を圧迫して止血をしましょう。清潔なガーゼや布でおさえると良いです。よくティッシュペーパーで抑えがちですが、傷口に張り付きやすいので、どうしてもの場合に使用しましょう。カッターなどで皮膚の一部を削いでしまったら、その削いだ皮膚を濡れたガーゼに包んでご持参ください。くれぐれも捨てないようにしましょう。
また、夜間など救急外来で縫合や処置を受けたら、翌日に当院などの形成外科を受診してください。縫合も重要ですが、縫合後の処置も同じように大切です。特に、顔にケガを負った場合は、きずあとが心配になると思いますので、形成外科への受診をお勧めします。
外傷後のきずあと、あるいは手術を受けた手術痕が目立つなどの悩みに対応できるのが形成外科です。傷跡をゼロにはできませんが、できる限り目立ちにくくする手術も可能です。お気軽にご相談にいらして下さい。
当院では可能な限り緊急のキズ縫合にも対応しております。混雑状況次第ではすぐに縫合処置を行えない場合もありますので、まずは当院までお電話で状況をお伝えください。こちらから受診時間をお伝えいたします。

巻き爪、陥入爪

巻き爪とは、爪が内側に巻いていってしまう状態のことです。巻き爪が原因で爪の角が皮膚に刺さり、皮膚の炎症を起こす状態のことを陥入爪といいます。
主に、爪に負担のかかりやすい足の親指が巻き爪になります。足の形によってなりやすい人がいます。また、女性のパンプスなど窮屈で足趾に負担のかかる靴を履いている方が発症する場合が多いです。
場合によっては足の他の指の爪や、手の爪も巻き爪になることがあります。巻き爪が進行すると、指の肉に爪がどんどん食い込み、激しい痛みを起こし、さらに巻き込まれた皮膚が化膿し、歩くことさえ困難になります。
また巻き爪のために足をかばって歩くと、不自然な歩き方になり、足首や膝、腰へと負担がかかり、捻挫や膝痛、腰痛を起こす原因にもなります。
巻き爪1つで全身のバランスが崩れて、さまざまな体調不良を引き起こす可能性があるのです。
当院では、まず正しい爪の切り方を説明させていただき、症状に応じてテーピング、クリッピングなどの保存療法、陥入爪手術と呼ばれる手術療法を提案させていただきます。手術を行う場合でも、局所麻酔日帰りで可能です。歩くたびに痛みがあることは非常に苦痛ですので、気になる場合は早めにご相談ください。

わきが(腋臭症)、多汗症

わきの汗の悩みは、人からにおいを指摘された、洋服が黄ばむという嫌なニオイ悩みと、わきからの多量の汗で、ブラウスを着ると目立って困ってしまう、などの悩みがほとんどでしょう。つまり、においを伴う汗の問題か、においは無いものの汗が多いという問題の二つに集約されることになります。
わきが(ニオイ)の治療は、剪除法(せんじょほう)、切除法、皮下組織吸引法、皮下組織掻爬法(そうはほう)など様々な方法が考案されていますが、アポクリン腺を術者が一つ一つ確認して切り取っていく剪除法が最も一般的で確実です。当院でも日帰り手術で対応可能です。
また、当院では最近発売となった保険診療で行える塗り薬の治療や、ボトックス注射を使用しての多汗症治療も行っております。患者様お一人お一人に合わせた治療法をご提案します。ぜひご相談ください。

やけど・熱傷

やけど(熱傷)は、日常生活において最もよく見られる外傷の一つです。
やかんやポットの湯、コーヒーやお茶、てんぷら油、またカップ麺のスープなど高温の液体によるやけどが多く、ストーブやアイロンなどへの接触によるものが、これに続きます
やけどをしたら、水道水などで、すぐに冷やし、余熱によるやけどの進行を防ぎましょう。
これにより、熱による組織損傷が深くなることを防ぐだけでなく、受傷した部位の炎症を抑え、痛みをやわらげることができます。この際、無理に衣服を脱がず、水道水などの流水を衣服の上から直接かけて下さい。
広範囲に及ぶやけどの場合は、ためらわずに救急車を呼びましょう。皮膚は身体の保温作用にも重要な役割を果たしていますが、広範囲のやけどとなると低体温症になることもあり、命に関わります。
小範囲のやけどは当院で治療が可能です。なるべく痕にならないよう、最適な治療方法を提案させていただきます。受傷後なるべく早めにご来院ください。

ケロイド・肥厚性瘢痕

傷が治癒する過程において傷を埋める組織が過剰に増殖し、しこりのようになったものがケロイド、および肥厚性瘢痕です。ゆっくりではありながらも進行を続けて傷の範囲を超えて周囲に拡大するタイプをケロイド、組織の増殖が一時的で、傷の範囲内に限られるタイプを肥厚性瘢痕と呼びます。
ケロイドは、胸の真ん中辺りや肩、上腕の外側、背中の上部、下腹有毛部(帝王切開後)などの、比較的皮膚の緊張が強い部位に発生しやすい傾向があります。手術やけがの痕のほか、にきび痕や本人が気づかないような小さな傷からも発生することがあります。表面に光沢のあるやや赤いしこりで、端の部分はなだらかに盛り上がり、周囲の皮膚は赤みを帯びています。ケロイド体質の方では蚊に刺されたり、猫にひっかかれた刺激だけでケロイドになることもあります。
治療としては、外科的療法、薬物療法、および圧迫療法などがあります。
外科的療法は、ケロイドを手術で切除する方法です。単に病変部を切除しただけでは再発して、さらに大きくなってしまいます。肥厚性瘢痕では切除後、局所に生じる張力を減じ、張力の作用する方向を変えるように工夫することで再発を防ぐことが可能ですが、ケロイドですと、術後に電子線治療やステロイド局所注射を行う必要があります。外科的療法は最も根治的な方法であり、経過が良好であれば、きずあとをずいぶんと目立たなくすることも可能です。
薬物療法としては、ステロイド剤を病変部に直接局所注射したり、ステロイド含有のテープを貼る方法があります。ケロイドの盛り上がりや硬さ、かゆみを改善する効果が期待できます。ケロイド形成を抑える内服薬を用いることもあります。
圧迫療法はスポンジ、シリコンゲルシート・クッションなどを当て、サポーター、包帯、粘着テープなどを用いて局所を圧迫する方法です。シンプルですが効果の高い治療法です。
上記の方法を組み合わせながら、可能な限りきずあとを目立たなくしていきます。

逆さまつ毛

逆さまつ毛には、睫毛乱生(しょうもうらんせい)と眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)の二種類があります。
睫毛乱生は睫毛の並び方が不揃いで、睫毛の一部が角膜(黒目)に触れて刺激し、痛みや痒み、異物感などを生じさせます。若い人に多いです。
眼瞼内反症はまぶたの縁が目の内側に曲がり、睫毛が角膜に触れて黒目を刺激し、痛みや視力低下を生じさせます。ご高齢の方に多いです。
睫毛乱生の治療では睫毛抜去が行なわれているケースも多いですが、やりすぎるとさらなる悪化を招くともいわれており、症状が強い場合は手術によってまつ毛を外に向けます。
眼瞼内反症の治療についても、症状が重い場合には手術が必要です。皮膚のたるみや眼輪筋の筋力低下など、加齢によるもの(老人性)には手術が必要となることが多いです。
手術法には、まぶたの中に糸を縫い込む「埋没法」、皮膚と皮下組織を切開して瞼板(まぶたの先端にある板状の組織)に縫い付ける「切開法」、加齢による眼瞼内反には「眼輪筋短縮法」などがあり、患者さんの症状によって治療法はそれぞれ変わってきます。

ガングリオン

骨と骨をつなぐ関節部にあるゼリー状の物質が詰まって出来た腫瘤です。手首や指先の関節の上に、よくできます。軟らかいものから硬いものまであります。症状は無いことが多いのですが、神経付近にできると神経を圧迫し、しびれや痛みなどを引き起こします。
治療としては、穿刺により中身のゼリーを抜いたり、手術で袋ごと切除することもあります。術後の安静が大切で、比較的再発しやすいのが特徴です。

とねり皮膚科・形成外科

〒121-0831
東京都足立区舎人1丁目11番16号 2階

03-3857-1112
WEB受付
診療内容
皮膚科・形成外科・小児皮膚科・美容皮膚科・アレルギー科
最寄駅
日暮里・舎人ライナー「舎人駅」より徒歩3
休診日:火曜・日曜・祝日
☆9:00~13:00
午前中の受付は12:00まで 午後の受付は17:30まで
診療時間 日祝
09:30~13:00
14:00~15:00
手術・美容施術
(予約制)
15:00~18:30